住宅設計をレシピ通りに完成出来るか

住宅建築には、いくつか大事な事があると思います。今回は、施工技術、住宅ローンに目を向けてみたいと思います。まず施工技術は、料理に例えるとレシピ通りに料理が作れるかという事です。これを住宅建築に置き換えると住宅設計通りに施工出来るかという事です。

それは、施工技術http://xn--hekm0a443zu0mira498d.xyz/に関わっています。もちろん大前提として良いレシピ(住宅設計)に出会えるかも大事な事です。次に住宅ローンについて考えてみます。まず、ほとんどの方が元利均等払いでお支払いになっております。ちなみに元金均等払いという方法もあります。返済額に相違がありますので、充分ご確認ください。

住宅ローン減税も住宅建築にあたり、押さえておきたい内容です。借入れ額に対して幾ら戻ってくるか理解しておくと良いと思います。年末の借入れ残高に対して、決められた乗率が戻ってくると思われている方がいらっしゃいます。

基本的には正しいのですが、お支払いになられた税金分が限度になりますので、ご注意ください。近年は所得税だけでなく、住民税も戻って来ますので、一度きちんと計算する事をお勧めします。以上です。

 

住宅ローン実行時に適用される金利は、手続日時点ではなく融資実行日時点での金利が適用される

家を買うということは人生の一大イベントの1つです。キャッシュで買える人は少なく多くの人が住宅ローンを考えることになります。その住宅ローンの中でも最も気になるポイントは金利になりますが選定する際には、落とし穴があります。それは、融資実行日まで適用される金利が正確に把握できない事です。

なぜかというと、金利変更は毎月されており、契約手続日時点での金利が必ずしも適応されません。適応されるのは、融資実行月の金利と取ります。優遇金利などが設定させている場合、その優遇金利の変更はありませんが、優遇前の金利は毎月変更されています。

そのため、もし住宅ローンの手続日時点から融資実行日までの期間が大きく大きく空く場合は、なるべく本契約手続日を融資実行日に近づけるなどすると良いでしょう。変動金利で本契約をしたにも関わらず、融資実行時は景気が変動し、やはり固定金利の方がよかったなど実行後に金利変更は可能ですが、場合によっては手数料がかかったりすることがあります。

Published by